• 雨漏りにおける火災保険の適応

    雨漏りにおいて火災保険が適用されるのは、どのような場合なのでしょうか。


    そもそもこのような保険は、火災のみを対象しているものも多く、この場合は当然ながら適用されません。



    しかし、近年の温暖化に伴う、激しい気候の変化は、保険の分野においても大きな変化をもたらしています。
    火災保険が雨漏りに使えるケースとしては、台風などの風災によるものが考えられます。

    コトバンクに関する情報が幅広く集まります。

    そもそも、屋根から雨水が漏れるといった減少は、建物の経年劣化によるところが大きく、保険を適応するべき事柄ではありません。


    しかし、台風といった巨大な自然災害は、ときとして新築物件であっても、いとも容易く破壊していってしまいます。

    このため、強い雨ではなく、強い風によるものであれば、雨漏りであっても火災保険が適用されることがあるのです。

    しかし、屋根から雨水が漏れる原因が、台風によるものなのか、それとも経年劣化によるものかを判断するのは、難しいものがあります。

    マンション雨漏り情報を楽しくお得に利用しましょう。

    それが古い家であれば、なおさらです。
    それでも台風によるものだと証明するためには、普段からしっかりと、補強などの対策を打っておくことが肝心です。
    水が漏れるような箇所がないか、事前にしっかりと確認しておき、必要であれば修理などを行っておけば、風災による被害を立証しやすくなります。

    今、各地では台風だけではなく、竜巻も頻繁に発生するようになっており、より厳重な警戒が必要です。
    雨漏りに備えて火災保険の確認と、家のメンテナンスを実行していきましょう。