• 建物の老朽化による雨漏りでは火災保険は下りない

    火災保険は住宅購入時や賃貸物件に入居する際に加入するものですが名称にあるように火災時だけに適用される保険ではなく、子どもによって自宅の窓ガラスが割れてしまったり玄関のカギを紛失してしまった場合などにも保険会社に請求すれば保険金が支払われるため火災保険の適用範囲は広いわけです。

    つまり火災保険とは火災や落雷、風雪被害や突発的で予測不能な事象にによって建物に損害が生じた場合に修繕費用を補償するための保険というわけです。
    しかしここで注意しておかなければならないのが屋根の瓦に破損が生じてしまったり建物の外壁にひびが入ってしまったことなどにより生じた雨漏りは保険の補償対象外となってしまうことです。



    雨漏りが起こってしまうと意外とその修繕費用は高額となってしまうため火災保険でまかなうことができればよいのですが老朽化による雨漏りは補償してくれないとうわけです。
    また老朽化以外にもリフォーム時に施工不良を起こしてしまい結果的に雨漏りが起こってしまった場合でも保険適用外となってしまいます。



    ただし台風や暴風雨などの自然災害が発生したことにより建物の損害が起きて雨漏りが発生してしまった場合では火災保険が適用されることになります。

    しかしこの場合も損害が発生したら早期に保険会社に保険金請求を行わないと自然災害で生じてしまった損害であることを証明するころが困難となり保険金請求が認められなくなってしまうこともあるため注意が必要です。